塩化アルミニウム液を使った手汗治療

塩化アルミニウム液を使った手汗治療

手汗治療のための外用薬のひとつに塩化アルミニウム液があります。名前だけ聞くと、不安そうな顔をする人もいそうですが、汗が出る穴をふさごうとする働きを利用した一般的な治療方法です。
基本的な使い方としては、寝る前に塩化アルミニウム液を手のひらに塗布して、そのまま就寝し、起きたら手を洗って塩化アルミニウム液を落とすというものです。
医師によって指導方法が異なる場合があったり、利用者によって使い方に工夫があるそうです。たとえば、人によっては塗布した後に乾燥すれば、さらに塗布する方法や、塗布して就寝する際に手袋などをすることによって効果を高めようとする方法などがあるそうです。
この塩化アルミニウム液による治療は、比較的に副作用が少ないとされ、安心して利用できるところにメリットがあります。
ただ、根本的な治療とはならず、この薬を利用しているときだけの一時的な効果が期待できるにすぎません。また、効果についても個人差があることを念頭に置いておかなければなりません。
場合によっては薬を塗布した際にヒリヒリすることがあります。また、水疱ができることもあります。この薬を利用する上で注意しなければならないことは、後でちゃんと洗い流すことです。
他にも、使いすぎに注意する必要があります。中には必要以上に薬をつけてしまう人もいるそうで、使いすぎると逆効果になる場合もあるので注意が必要です。
人によっては手軽に利用できる薬ですが、中には非常に面倒だと感じる人もいるようです。確かに、普通の塗り薬のように塗布すればそれで終わりというわけにはいきませんからね。

 

関連ページ

フコイダンは癌を抑制するといわれているが本当なのか?
NEXTブレイクはファブリーズで決まり!!
睡眠を十分にとることで目元のたるみ対策をする
NEXTブレイクはファブリーズで決まり!!

ホーム RSS購読 サイトマップ