睡眠を十分にとることで目元のたるみ対策をする

睡眠を十分にとることで目元のたるみ対策をする

美肌を維持するには、質の良い睡眠を十分にとることが重要であることは皆さんもご存知ですよね。
もちろん、これは目元のたるみ対策にも当てはまります。
睡眠時間も長ければよいというのではなく、「質が良い」ことが重要です。
特に、肌細胞が活性化する22時〜2時の時間帯は睡眠に充てぐっすり眠りたいですよね。
年齢とともに睡眠時間が短くなりがちですが、できれば睡眠時間は7時間ほど摂りたいところです。
中には、仕事や家事で忙しいために7時間の睡眠を確保することが難しいという方もいるようですが、その場合、最低6時間の睡眠はとりたいですよね。
また、就寝時に横向きの姿勢を取ると目元がたるみやすくなります。
さらに、横向きで寝ることはシワの原因ともなってしまいますので、横向きで寝るクセがある方は、仰向けになって寝るように姿勢を改善していきましょう。
また、睡眠時間が短時間になると、肌の新陳代謝も衰えてしまいます。
その結果、日中に浴びた紫外線によるダメージが、目元のたるみにあらわれやすくなりますので、睡眠は十分にとるようにしてください。
睡眠不足が原因でクマが出来てしまいますが、目元がたるんでいて、さらにクマが出来るとかなり目立ってしまいます。
もし、目元のたるみが気になっているのであれば、出来るだけ睡眠時間を取るようにしてください。ただし、睡眠時間は6時間〜8時間が適切で寝すぎも良くありません。

 

関連ページ

フコイダンは癌を抑制するといわれているが本当なのか?
NEXTブレイクはファブリーズで決まり!!
塩化アルミニウム液を使った手汗治療
NEXTブレイクはファブリーズで決まり!!

ホーム RSS購読 サイトマップ