下半身ダイエットに水泳が有効

下半身ダイエットに水泳が有効

水泳はダイエットに効果的と言われています。
水泳は有酸素運動であり、全身を使うため、下半身太りを効率よく解消していくことが出来ます。
消費カロリーも高く、ウォーキングの場合、1時間の消費カロリーが120〜150kcalであるのに対し、平泳ぎを1時間行うことで600kcal、クロールの場合は1000kcalもカロリー消費が出来るとのことで、短期間でダイエット効果が得られる方法です。
浮力により膝への負担も少なくなるため、肥満に悩まされている方に非常に有効なダイエット法となっています。
また、水中では水圧がかかってきます。
動きが小さくとも、負荷が大きくなりますので、インナーマッスルを程よく刺激し、脂肪燃焼が高くなります。
つまり、効率良く身体を引き締めるには水泳は有効なのです。
泳げないというのであれば、水中ウォーキングだけでも十分に有酸素運動になります。
実は、立った状態で最も水圧がかかると言われていますので、水中ウォーキングは優れた足痩せ効果を発揮するのです。
下半身を鍛えながらしっかり引き締められるとのことで、健康と美容のために水泳を行う方は大勢います。
スポーツジムや市民プールなどに通うことで水泳を行えます。
本気で下半身ダイエットに取り組みたいのであれば、ダイエットに効果があるエクササイズや水泳の指導を行っているダイエットコースなど、ダイエット目的のプログラムを受けてみると良いでしょう。
中には、プールをいくつかのレーンに分け、初級者コース、上級者コース、ウォーキングコースと分けているところもあります。
水泳の時間は、30分から1時間程度が適しています。
水中で過ごすことでリラックス効果も得られますので、効率よく下半身を引き締めることが出来ます。

関連ページ

ウォーターサーバーのピュアウォーターについて
NEXTブレイクはファブリーズで決まり!!

ホーム RSS購読 サイトマップ